スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RICOH GXR A16 で撮る京都の紅葉

最近のトレンドである「ローパスフィルターレス」仕様の先駆けとなった GXR A16 ユニット。手ぶれ補正付きではないが、APS-C 型の CMOS 素子でローパスレスという、画質面では最強スペックではある。GXR 自体はすでに生産完了で新品を入手するのはほぼ不可能になっているが、中古相場をみても値崩れするどころか、プレミアが付いてかつての新品価格より高額になっているところをみると、かなり根強いファンが数多くいるのだろう。という自分もそのうちの一人なのだが、全ユニットを新品底値の時に買いそろえた。GXR ボディはサブとスペア用を含め3台所有している。

とにかく風景写真や街中でのスナップシューターとしてはもの凄く使い勝手の良いGXRである。ユニット交換式なのでレンズと素子の間にホコリが侵入するのを心配する必要がない。ワンアクションでガシャッと交換できるのは、何だかモデルガンの弾倉を交換するみたいで、少年時代の淡い思い出が蘇るような気がする。

画質の良さは一目瞭然。デフォルトでも充分良い画が撮れるが、自分は若干設定を弄くっている。彩度とシャープネスを1段強調し、コントラストは1段落としている。Vision42 スナップ写真の定番設定だ。近所の雑貨屋のショーウィンドウでテスト撮影してみた。11月からクリスマスというのは気が早い気がするが、最近はどこもかしこもそんな感じだ。
R0010815.jpg
R0010816.jpg
R0010817.jpg

京福嵐山電鉄、通称「嵐電」車折神社前で下車し、神社内を散策。車折神社は芸能祈願で有名な小さな神社だが、四季折々の自然の風景も見所が多い。
R0010818.jpg
R0010819.jpg
R0010822.jpg


R0010823.jpg
R0010825.jpg
R0010826.jpg
R0010831.jpg
R0010833.jpg
R0010836.jpg


R0010838.jpg
R0010840.jpg
R0010842.jpg
R0010844.jpg
R0010850.jpg
R0010854.jpg


R0010858.jpg
R0010859.jpg
R0010860.jpg
スポンサーサイト

tag : GXR A16

RICOH GXR 久しぶりの稼働

純正ケースの中途半端なアイボリー色が気に食わないこともあって、しばらく持ち出していなかったGXR
gxr00082_01.gif

ちょっとした思いつきで皮革用補修ペイントを使ってブラウンに塗装しなおしてみたら、なかなかの男前になった。嬉しくなったのでA16ユニットを付けて出かけることにした。使った塗料はこれ。ペイント薄め液で希釈して小型の平筆でペタペタ塗っては乾かしを4度ほど繰り返したら良い感じになった。
51ipu8M8tuL.jpg

仕上がりはこんな感じ。やっと道具っぽい「良いモノ感」が出た。
PB280618.jpg
PB280617.jpg
PB280619.jpg

tag : GXR A16

Ricoh GXR P10 キットの描写を見直す

気に入っていた RICOH CX4 を次男坊にあげてしまったので、過去に売却した、同じレンズと素子を持つカメラユニット GXR P10 を買い戻した。中古美品で 8,000円也・・・って、去年売却した値段より安い価格なんですけど。同じものを二度買ってちょびっと儲かるという不思議。

P10 ユニットの撮像素子は 1/2.3inch のいわゆる「豆粒センサー」なので他のユニットと比べたら画質は落ちるが、10倍ズームに手ぶれ補正が付いているので気軽なスナップには向いている。・・・と思って気軽に使ったら、これが意外に画質が良いので驚いている。あれ? P10 てこんなに良い画が撮れるんだっけ??

R0010723-1.jpg R0010736-4.jpg

ワイ端
R0010728-3.jpg

テレ端
R0010727-2.jpg

暗部の描写も良い。暗部の階調性が失われず、橋脚の錆が良い味出している。
R0010742-5.jpg
R0010744-6.jpg


ワイ端
R0010748-8.jpg

テレ端
R0010749-9.jpg

テレ端 等倍クロップ
上の写真の中央部分を等倍で切り出した。大型素子のハイエンドコンデジと比べると負けるかもしれないが、等倍でも良く解像しており、描写の破綻は少ない。言っておきますがこれ、等倍クロップですからね。それでこの解像力ですぜ。
R0010749-1-2.jpg

【参考比較:SONY RX100 のテレ端等倍クロップ】
画角も構図も違うが、1inch の大型素子を採用、高画質で評判の RX100 で条件の良い晴天下の撮影。このカメラ、一眼レフの描写に肉薄すると言われているのだが、上のと比べてみると P10 の方が解像しているように見える。いや P10 は10倍ズームだからテレ端では光学的には有利なんだけど、電柱のガイシあたりを見ると RX100 より P10 の方が段違いに解像している。
DSC00117-2.jpg


GXR P10 ワイ端
R0010752-10.jpg

テレ端
R0010753-11.jpg

テレ端 等倍クロップ  小さな素子でここまで写れば、もう立派というほかない。
R0010753-1.jpg


鴨川界隈のスナップを色々と
R0010758-12.jpg
R0010759-13.jpg
R0010762-14.jpg
R0010768-17.jpg
R0010770-18.jpg


ワイ端
R0010771-19.jpg

ズーム中間域
R0010773-20.jpg

テレ端
R0010774-21.jpg

P10 ユニットのカメラ性能は RICOH CX3 と同等と言われている。それより新しい CX4 をかつて使っていたのだが、それと比べても印象としては P10 の方が良い画が撮れる。それに GXR システムとの組み合わせで撮影機能や画像調整のバリエーションが広く、かなり柔軟に設定を弄ることが出来る。買い戻して正解だったな。

tag : GXR P10

宇治市植物園【 FUJIFILM X-E1 / RICOH GXR A16 】

【上:X-E1 + XF18-55mm】
【下:GXR + A16ズームユニット】
同条件で撮り比べても、色表現にこれだけの差がある。肉眼の印象に近いのは GXR の方。 X-E1 の方はフィルムシミュレーション「 Standard 」だが、それでもかなり派手目に写る。人によって両機の好き嫌いが分かれそうだ。近接撮影では XF18-55mm の方が A16ユニットよりも背景ボケを演出しやすい。
DSCF0319-1.jpg
R0010618-1.jpg

DSCF0321-2.jpg
R0010619-2.jpg

DSCF0324-3.jpg
R0010621-3.jpg


X-E1 + XF18-55mm】
DSCF0333-4.jpg
DSCF0337-6.jpg
DSCF0347-10.jpg
DSCF0349-12.jpg
DSCF0350-13.jpg
DSCF0358-14.jpg

X-E1 + XF18-55mm】野鳥がいたので撮ってみた。テレ端55mmの全体リサイズ。
DSCF0360-16.jpg

等倍クロップ(Lightroom4 の書き出しオプションを誤ってシャープネスをかけてしまったので、輪郭が変に強調されてしまっている)
DSCF0360-1.jpg


【上:X-E1 + XF18-55mm】
【下:GXR + A16ズームユニット】
こちらも X-E1 の方が過剰に彩度が高い。アンバー寄りの GXR の落ち着いた描写は、ライカに近い。
DSCF0372-17.jpg
R0010636-5.jpg

DSCF0373-18.jpg
R0010638-6.jpg

DSCF0394-26.jpg
R0010639-7.jpg

DSCF0359-15.jpg
R0010634-4.jpg


【X-E1 + XF18-55mm】
DSCF0376-21.jpg
DSCF0377-22.jpg
DSCF0386-24.jpg
DSCF0389-25.jpg

【X-E1 + XF35mm/F1.4】 絞り値 F1.4
DSCF0399-28.jpg

F2.8
DSCF0400-29.jpg

tag : X-E1 GXR A16

ローパスレス機解像力比較【GXR A16 / Mount A12 / FUJIFILM X-E1】

傍から見ると酔狂というか、呆れられそうな比較だが、解像力が高いといわれているローパスフィルターレス機同士の描写比較をやってみた。GXR A16 は不人気のユニットだが、解像力には定評がある。 GXR Mount A12 には VM マウント単焦点レンズの定番、安い Voigtlaender Color-Skopar 35mm/F2.5 を組み合わせた。 FUJIFILM X-E1 には XF18-55mm ズームと XF35mm/F1.4 単焦点を交互に付けて撮影した。

撮影条件はどれも焦点距離35mm(フィルム換算約53mm)、F8.0あたりでそろえてある。 RAW は使わず、JPEG のみで撮影した。仕上がりにはカメラ全体のトータルな性能が問われる。切り出し画像は素子の画素数によって大きさが異なってしまうが、だいたい同じ大きさになるように等倍付近で切り出してある。結果は、あぁ何というか・・・どれも素敵すぎる(爆)。優劣付けがたいのだが、GXRX-E1 の間にカメラボディとしての決定的な差は見つけられなかったという、ある意味衝撃的な結果だった。 GXR の出来が良すぎるのだ。

その分、レンズ性能の比較はやりやすかった。当たり前のことだが、ズームレンズより単焦点の方が明らかに描写性能が高い。これは写真に詳しくない人が見ても分かるくらいの差だと思う。手前の屋根瓦、背景のビル群の解像を見て欲しい。・・・しかし Color-Skopar の写りが良いのには感心した。とても3万円の安レンズとは思えない。

■全体リサイズ写真による比較
GXR A16ズームユニット】
A16_全体

GXR Mount A12 + Voigtlaender Color-Skopar 35mm/F2.5】
MountA12_全体

X-E1 + XF18-55mm ズームレンズ】
XE1_35mm全体

X-E1 + XF35mm/F1.4 単焦点レンズ】
XE1_単焦点全体


■中央部切り出しによる比較
【GXR A16ズームユニット】
A16_等倍

【GXR Mount A12 + Voigtlaender Color-Skopar 35mm/F2.5】
MountA12_等倍

X-E1 + XF18-55mm ズームレンズ】
XE1_35mm等倍

X-E1 + XF35mm/F1.4 単焦点レンズ】
XE1_単焦点等倍


もはや解説は不要だろう。結果はご覧の通り、どれを選んでも間違いない。とくに GXR A16 / Mount A12 なんて、今バーゲンプライスなので絶対お買い得だ。もちろん X-E1 も最高の写りである。使い勝手の良さは圧倒的に X-E1 だ。直感的に操作出来るし、MFもやりやすい。とくに EVF の出来の良さは感動ものだ。GXR にも外付け EVF を付けて撮影したが、視認性の良さは X-E1 の EVF とは比べものにならない。

tag : X-E1 GXR A16 Mount_A12

プロフィール

Vision42

Author:Vision42
写真中心のブログです。

リンク
最新記事
タグクラウドとサーチ

GXR
E-M5 祇園祭 Fiio_E12 JC-01B PHA-1A iPod_Touch PHA-3 MDR-1A ハイレゾ FLAC mora NW-A25 NW-ZX100 MDR-NW750N P300 5DmarkII Sigma35mmF1.4 Optio S1 PENTAX Amazonビデオ Kindle EOS5DmarkII EF16-35mmF4L M.Zuiko12-50mmEZ GX7 LeicaDG15mmF1.7 DMW-GWC1 LumixG14mmF2.5 LumixG20mmF1.7 LeicaDG25mmF1.4 EF400mmF5.6L X-A1 XC16-50mm RolanPro LensCoat 1DmkIV EF100-400mmL DA★60-250F4 HDDA_Rear_Converter1.4X HDDA_RearConverter1.4X FAF_Adapter1.7X EF500mmF4L EOS_1DmkIV EF-M18-55mm EF-S55-250mm EOS_M EOS_M3 ME-25 エフェクターボード EF-S55-250mmSTM D-LUX Typ109 Fender Stratocaster Aerodyne Ovation guitar FlyingV Mockingbird YAMAHA_SG1000 RX100 Gibson Finepix_S1 PowerShot_SX50 EF-S24mm/F2.8 7D D-LUX4 K-5 DA18-270mm PowerShot_G1X GXR A16 PowerShot_G16 FZ1000 MX-1 XF18mmF2 XF27mmF2.8 XF35mmF1.4 TCL-X100 X100 WCL-X100 08WideZoom Q7 XF27mm/F2.8 M.Zuiko9-18mm LUMIX_GX45-175mm GH2 LF1 XZ-1 K-3 DA★16-50mmF2.8 LUMIX_G14mm/F2.5 LUMIX_G14-42mmEZ LUMIX_G6 LUMIX_G12-35mm/F2.8 DA★16-50mm BCL-1580 E-PM1 BCL-0980 DCR-732 DP1_Merrill DW-6 DP2_Merrill 5D_markII KenkoACクローズアップレンズNo.5 AML-2 Ulyssesボディスーツ XF1 PowerShot_G12 F990EXR RX10 X-E1 PNETAX_Q7 P10 Volkswagen_R36 EF28mm/F1.8 EF40mm/F2.8STM LUMIX_GX12-35mm/F2.8 GX1 GRDigital_III K-5IIs X20 X10 E-PL5 M.Zuiko45mm/F1.8 M.Zuiko17mm/F2.8 E-PL2 M.Zuiko_12-50mm LX7 XF18-55mm XF55-200mm PowerShot_SX50HS DA★16-50mm/F2.8 Mount_A12 SAMYANG_Fisheye8mm/F2.8 X-S1 Canon_5DII GXR_A16 Sigma35mm/F1.4DG PowerShot_S110 LUMIX_G_20mmF1.7 LUMIX_G_14-140mm LUMIX_GH2 V-LUX4 DMW-LT55 PowerShot_S95 Coolpix_P310 V-LUX1 PENTAX_Q 06-TelephotoZoom LUMIX_DG14-140mm ボディキャップレンズ 水族館 PENTAX_X-5 LUMIX_LX5 花火 DA55-300mm M.Zuiko14-42mm EF24-105mm/F4 S10 HX30V LEICA

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。