8月の写真置き場 その1「京の七夕」ライトアップイベント

【PENTAX MX-1 で撮影】
去年、同じイベントをフルサイズ一眼の Canon 5DmkII で撮ったときよりも、コンデジの MX-1 の方が良く撮れているという不思議。まあコンデジの方が被写界深度が深くてパンフォーカスにしやすいし、レンズも F1.8 だから低感度で撮れるし、人混みの中で歩きながら撮影しても強力な手ぶれ補正のお陰で歩留まりが良いし・・・等々、夜景撮りはハイエンドコンデジの方が一眼よりも有利な場合が多いのだけどね。それにしてもフルサイズの立場が・・・

sIMGP0342-001.jpg
sIMGP0349-002.jpg
sIMGP0355-004.jpg
sIMGP0371-009.jpg
sIMGP0365-008.jpg
sIMGP0384-011.jpg


sIMGP0388-013.jpg
sIMGP0393-014.jpg
sIMGP0395-015.jpg
sIMGP0400-017.jpg


二条城のプロジェクション・マッピング。会場はほぼ真っ暗闇、映像も動きがあるので被写体ブレを減らすために ISO3200 まで上げた。背景の空にはさすがに高感度ノイズが乗るが、イルミそのものはうまく撮れた。
sIMGP0418-018.jpg
sIMGP0422-019.jpg
sIMGP0425-020.jpg
sIMGP0432-021.jpg
sIMGP0437-022.jpg
sIMGP0440-023.jpg

tag : MX-1

PENTAX MX-1 のボディ内 RAW 現像機能を試す

使う度に驚かされる MX-1 の性能。コンデジでは珍しいボディ内 RAW 現像機能が付いている。設定できるパラメーターは多くはないが、必要充分な項目が揃っている。カメラ生成 JPEG とボディ内現像機能を使った RAW 現像後の画像を比べてみた。

ぱっと見は微妙な差だが、細かく検分するとやはり RAW の方が画質は良い。色再現性と階調性は RAW 現像の方が優れている。作例はいずれも上が JPEG 、下が RAW 。RAW の方がわずかに赤と緑の発色が良く、ハイライトの白トビも少なく、暗部の階調性も優れている。ただ、カメラ生成 JPEG の画質も侮りがたく、PENTAX がいかに画像処理エンジンに力を入れているかが分かる。通常の使用では JPEG オンリーでも充分な画質と言える。
sIMGP0044-001.jpg
sIMGP0057-002.jpg

sIMGP0045-003.jpg
sIMGP0058-004.jpg

sIMGP0055-007.jpg
sIMGP0062-008.jpg

これはカメラ生成 JPEG。RAW と比較しなければアラは全く見えない。
sIMGP0050-005.jpg
sIMGP0054-006.jpg

RAW 現像時に「リバーサルフィルム」を適用してみた。いずれも上がカメラ生成 JPEG、下が RAW 現像「リバーサルフィルム」。リバーサルフィルムを適用すると、平凡な風景も印象深い描写に変身する。
sIMGP0064-010.jpg
sIMGP0100-009.jpg

sIMGP0065-012.jpg
sIMGP0101-011.jpg

sIMGP0071-013.jpg
sIMGP0104-014.jpg

こちらはカメラ内現像機能を使った RAW ストレート現像。とくにパラメーターは弄っていない。ナチュラルな描写に好感が持てる。
sIMGP0087-015.jpg
sIMGP0088-016.jpg
sIMGP0091-017.jpg sIMGP0092-018.jpg

最後に、PC 上で PENTAX Digital Camera Utility を使って RAW 現像したサンプルを。それぞれ、上がカメラ生成 JPEG、下が RAW 現像後。このソフトを使うと MX-1 には設定のないカスタムイメージ「銀残し」を現像時に設定することが可能になる。

微妙な違いだが RAW の方(下:ストレート現像)が、高輝度部分の白トビが少なく暗部の階調性が良い。
sIMGP0093-019.jpg
sIMGP0106-020.jpg

現像時にカスタムイメージ「風景」を選択し、さらに彩度とコントラストを高めに設定した(下)。
sIMGP0095-022.jpg
sIMGP0111-021.jpg

現像時にカスタムイメージ「銀残し」を選択した(下)。レトロで渋いイメージになる。
sIMGP0108-024.jpg
sIMGP0096b-023.jpg

同様に「銀残し」(下)。PENTAX 独自の色表現なので他社製カメラでは再現できない色調だ。
sIMGP0109-026.jpg
sIMGP0098b-025.jpg

tag : MX-1

京都駅周辺でスナップ撮影【PENTAX MX-1】

MX-1 は大変使いやすいカメラだ。たいていのシチュエーションで Auto Picture モードで普通に対応出来るし、Pモードでプログラムシフトが出来るので撮影の自由度も高い。マクロ撮影もレンズ前1cmのスーパーマクロ撮影が出来る。

スーパーマクロで撮影。
sIMGP0002-001.jpg

Pモード、-0.7露出補正で夜景を撮影。
sIMGP0004-002.jpg
sIMGP0016-003.jpg
sIMGP0025-006.jpg sIMGP0023-005.jpg
sIMGP0028-007.jpg

昼間は Auto Picture モードで。ワイ端とテレ端の比較。やや輪郭が強調されすぎなのはブログへのアップロード時にシャープネスのオプションを付けてしまったからだが、それにしてもレンズ性能がいかんなく発揮されており、驚くほど細部まできっちり解像している。
sIMGP0315-017.jpg
sIMGP0314-016.jpg

HDRの効きの確認。上から順に、①通常撮影(Auto Picture)、②HDR(標準)、③HDR(誇張1)、④HDR(誇張2)で効果を比較した。HDR(誇張1)が一番バランスが良いと感じた。絵画的に誇張したいときは(誇張2)だが、あまり出番はなさそうだ。
sIMGP0313-015.jpg
sIMGP0311-014.jpg
sIMGP0310-013.jpg
sIMGP0309-012.jpg

逆光条件で左:通常撮影と、右:HDR(標準)の比較。
sIMGP0320-021.jpg sIMGP0317-018.jpg

左:HDR(誇張1)、右:HDR(誇張2)
sIMGP0318-019.jpg sIMGP0319-020.jpg

左:通常撮影、右:HDR(誇張1)。HDRの方が雲の階調が良く出ている。逆光時にはこのHDR(誇張1)を積極的に使いたい。
sIMGP0325-022.jpg sIMGP0326-023.jpg

左:通常撮影、右:HDR(誇張1)の別サンプル。
sIMGP0327-024.jpg sIMGP0328-025.jpg

自然透過光とダウンライトのミックス光源下でのAWBは非常に自然で、見た目の印象そのままだ。
sIMGP0331-026.jpg

ズームワイ端、中間域、テレ端の比較。解像度はズーム全域で申し分ない。
sIMGP0332-027.jpg
sIMGP0334-029.jpg
sIMGP0333-028.jpg

tag : MX-1

PENTAX MX-1 Silver(並行輸入品)

MX-1 は国内盤の Black モデルをすでに所有しているのだが、海外でしか生産されていない Silver モデルの並行輸入品の安値な出物があったので、在庫払底する前に入手しておいた。国内製品の流通価格は約3万円、並行輸入 Silver 新品が3万3千円で、さほど価格差も大きくない。

PENTAX ブランド最後の製品ということで記念購入。もちろん眺めるだけではなく使うつもり。Black も悪くないのだが、この Silver の方がレトロ感溢れていて印象が良い。安くて良い買い物だった。
xsP5210577.jpg
xsP5210572.jpg

写りに関してはすでに色々試して十分納得している。1/1.7型CMOS素子と明るい大口径ズームレンズの組み合わせで、素晴らしく良い絵が撮れるカメラだ。操作系も直感的に分かりやすいので、取説不要。

こちらは以前購入した Black モデル
sDSC00452.jpg
sDSC00451.jpg

tag : MX-1

PENTAX MX-1 で街中スナップ

いちおうハイエンドコンデジに分類されているMX-1だが、センサーサイズは1/1.7型で、同じコンデジでもAPS-Cサイズの大型センサーを備えたDPシリーズやFUJIFILM X100と比べると画質的には不利・・・なはずだが、そういう先入観をものの見事にぶち壊してくれる優秀なカメラ。昼でも夜でも、屋外でも室内でも、照明の色味がどうであれ、このカメラは何でもほぼ目で見た通りの精密な写真を量産してくれる。

色々カスタマイズしてマニアックな使い方も出来るのだが、オートで撮って何の瑕疵ももない写りに満足してしまうのでそれ以上弄くる気が起こらない。かといって万能お手軽コンデジかというと、その筐体の大きさと重量感に驚かされる。何とも不思議な存在感のあるカメラである。
IMGP0263-1.jpg
IMGP0265-2.jpg
IMGP0266-3.jpg
IMGP0268-4.jpg
IMGP0272-5.jpg
IMGP0273-6.jpg
IMGP0276-7.jpg
IMGP0280-9x.jpg
IMGP0281-10.jpg
IMGP0278-8.jpg

tag : MX-1

プロフィール

Vision42

Author:Vision42
写真中心のブログです。

リンク
最新記事
タグクラウドとサーチ

MX-1
E-M5 祇園祭 Fiio_E12 JC-01B PHA-1A iPod_Touch PHA-3 MDR-1A ハイレゾ FLAC mora NW-A25 NW-ZX100 MDR-NW750N P300 5DmarkII Sigma35mmF1.4 Optio S1 PENTAX Amazonビデオ Kindle EOS5DmarkII EF16-35mmF4L M.Zuiko12-50mmEZ GX7 LeicaDG15mmF1.7 DMW-GWC1 LumixG14mmF2.5 LumixG20mmF1.7 LeicaDG25mmF1.4 EF400mmF5.6L X-A1 XC16-50mm RolanPro LensCoat 1DmkIV EF100-400mmL DA★60-250F4 HDDA_Rear_Converter1.4X HDDA_RearConverter1.4X FAF_Adapter1.7X EF500mmF4L EOS_1DmkIV EF-M18-55mm EF-S55-250mm EOS_M EOS_M3 ME-25 エフェクターボード EF-S55-250mmSTM D-LUX Typ109 Fender Stratocaster Aerodyne Ovation guitar FlyingV Mockingbird YAMAHA_SG1000 RX100 Gibson Finepix_S1 PowerShot_SX50 EF-S24mm/F2.8 7D D-LUX4 K-5 DA18-270mm PowerShot_G1X GXR A16 PowerShot_G16 FZ1000 MX-1 XF18mmF2 XF27mmF2.8 XF35mmF1.4 TCL-X100 X100 WCL-X100 08WideZoom Q7 XF27mm/F2.8 M.Zuiko9-18mm LUMIX_GX45-175mm GH2 LF1 XZ-1 K-3 DA★16-50mmF2.8 LUMIX_G14mm/F2.5 LUMIX_G14-42mmEZ LUMIX_G6 LUMIX_G12-35mm/F2.8 DA★16-50mm BCL-1580 E-PM1 BCL-0980 DCR-732 DP1_Merrill DW-6 DP2_Merrill 5D_markII KenkoACクローズアップレンズNo.5 AML-2 Ulyssesボディスーツ XF1 PowerShot_G12 F990EXR RX10 X-E1 PNETAX_Q7 P10 Volkswagen_R36 EF28mm/F1.8 EF40mm/F2.8STM LUMIX_GX12-35mm/F2.8 GX1 GRDigital_III K-5IIs X20 X10 E-PL5 M.Zuiko45mm/F1.8 M.Zuiko17mm/F2.8 E-PL2 M.Zuiko_12-50mm LX7 XF18-55mm XF55-200mm PowerShot_SX50HS DA★16-50mm/F2.8 Mount_A12 SAMYANG_Fisheye8mm/F2.8 X-S1 Canon_5DII GXR_A16 Sigma35mm/F1.4DG PowerShot_S110 LUMIX_G_20mmF1.7 LUMIX_G_14-140mm LUMIX_GH2 V-LUX4 DMW-LT55 PowerShot_S95 Coolpix_P310 V-LUX1 PENTAX_Q 06-TelephotoZoom LUMIX_DG14-140mm ボディキャップレンズ 水族館 PENTAX_X-5 LUMIX_LX5 花火 DA55-300mm M.Zuiko14-42mm EF24-105mm/F4 S10 HX30V LEICA

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ