新 Sigma 35mm F1.4 DG HSM を試す(実写編)

Canon 5D marikII & Sigma 35mm/F1.4 DG の組み合わせによる作例。撮影はすべて RAW で行い、Lightroom 4 で現像処理した。現像時にパラメーターは若干弄ってある。

■絞り値ごとの変化。ピントは縫いぐるみの目に合わせてある。カメラはフルサイズの Canon 5D markII を使用。
F1.4 激薄ピントなのでバチピンに合わせるのが困難。この作例は実はわずかにピンズレしている。開放で周辺減光は結構見られるが、この程度のビネッティングは Canon L レンズでも普通に生じるので特に問題にはならない。
IMG_1464-1.jpg

F2.0 周辺減光が改善し、ピントも神経質さがなくなってくる。
IMG_1465-1.jpg

F2.8 全体のバランスが良好。室内スナップ用途では F2.8 を基本としたい。
IMG_1466-2.jpg

F4.0 ピントに関しては安心して撮れるが、手ぶれ補正が付いていないレンズなので、室内ではブレとの戦いになる。日中屋外ならブレを気にせずどしどし使えるだろう。
IMG_1467-3.jpg


■最短焦点距離付近での描写。合焦限界ぎりぎりまで近づいて撮った。これもやはり F2.8 が良好。
F1.4
IMG_1468-4.jpg

F2.0
IMG_1469-5.jpg

F2.8
IMG_1470-6.jpg

F4.0
IMG_1471-7.jpg


■屋内外でのスナップ作例。宇治市のレストランにて。
IMG_1473-8.jpg
IMG_1476-10.jpg
IMG_1480-11.jpg
IMG_1487-12.jpg
IMG_1495-13.jpg
IMG_1499-14.jpg


F1.4
IMG_1512-17.jpg

F2.8
IMG_1510-16.jpg

F1.4
IMG_1528-19.jpg

F4.0
IMG_1529-20.jpg

F1.4
IMG_1544-22.jpg

F2.8
IMG_1543-21.jpg


■遠景解像力を GXR A16 ズームユニットと比較してみた。A16はローパスレスのカメラユニットなので、解像力は一般の APS-C 一眼を上回る。フルサイズに肉薄するのではないかと思ったので比較対象とした。比較作例はいずれも上が 5DII・下が GXR A16

5DII は RAW 、GXR は JPEG で撮影したので、撮影結果はシビアに検分すると GXR が不利である。こちらも RAW で比較すれば良かったと後で気づいて反省。どの作例も全体リサイズでは優劣がつかないが、等倍では差があった。当然ながらフルサイズ機の方が解像力があるが、GXR A16 の JPEG も相当レベルが高い。

遠景1 全体リサイズ
IMG_1558-24.jpg
R0010575-1.jpg

遠景1 等倍クロップ 階段右の看板の文字を比べると差が分かりやすい。
IMG_1558-1.jpg
R0010575-1-2.jpg


遠景2 全体リサイズ
IMG_1561-25.jpg
R0010582-2.jpg

遠景2 等倍クロップ トーテムポールと立木の解像を比べる。なかなか良い勝負であるが、 5DII(上)の方がトーテムポールの表面テクスチャーまで再現出来ている。
IMG_1561-2.jpg
R0010582-2-2.jpg


遠景3 全体リサイズ
IMG_1567-26.jpg
R0010587-3.jpg

遠景3 等倍クロップ 屋根瓦の解像度を比べると明らかな差がある。
IMG_1567-3.jpg
R0010587-3-2.jpg

tag : Canon_5DII Sigma35mm/F1.4DG GXR_A16

新 Sigma 35mm F1.4 DG HSM を試す(外観編)

使用頻度の低い機材を10点ほど売却したら総額で結構な値段になったので、入れ替えで新しい機材をいくつか買い込んだ。まずは以前から欲しいと思っていたシグマの最新型、フルサイズ対応の 35mm/F1.4 DG だ。国内外でのレビュー評価ではキヤノン純正 L 単を超えたと絶賛されている。せっかくのフルサイズ対応版なので、迷わず 5DII 用に EF マウントのものを購入した。

外箱も従来の黒一色ではなく、白地に黒に変更された。
DSCN0297-1.jpg
DSCN0298-2.jpg

Aマークは描写性能を追求した Art Line を意味するという。マークはちょっと間が抜けて恰好悪い。
DSCN0299-3.jpg

新デザインのレンズキャップ。う〜ん、旧型のキャップの方が実用性は高かった。
DSCN0301-4.jpg

フードの後ろ側にはラバーが貼られてモデル名が刻印されている。変なところに凝った意匠が施されている。
DSCN0302-5.jpg

Sigma 50mm/F1.4 DG と並べてみる。どちらも大柄で重いレンズだ。
DSCN0304-6.jpg

Canon 5D mark II に付けたところ。フルサイズボディは 5DII で打ち止めだ。新しい 5DIII や 1D-X にはさっぱり興味が湧かない。
DSCN0310-7.jpg
DSCN0316-8.jpg

tag : Sigma35mm/F1.4DG

プロフィール

Vision42

Author:Vision42
写真中心のブログです。

リンク
最新記事
タグクラウドとサーチ

Sigma35mm/F1.4DG
E-M5 祇園祭 Fiio_E12 JC-01B PHA-1A iPod_Touch PHA-3 MDR-1A ハイレゾ FLAC mora NW-A25 NW-ZX100 MDR-NW750N P300 5DmarkII Sigma35mmF1.4 Optio S1 PENTAX Amazonビデオ Kindle EOS5DmarkII EF16-35mmF4L M.Zuiko12-50mmEZ GX7 LeicaDG15mmF1.7 DMW-GWC1 LumixG14mmF2.5 LumixG20mmF1.7 LeicaDG25mmF1.4 EF400mmF5.6L X-A1 XC16-50mm RolanPro LensCoat 1DmkIV EF100-400mmL DA★60-250F4 HDDA_Rear_Converter1.4X HDDA_RearConverter1.4X FAF_Adapter1.7X EF500mmF4L EOS_1DmkIV EF-M18-55mm EF-S55-250mm EOS_M EOS_M3 ME-25 エフェクターボード EF-S55-250mmSTM D-LUX Typ109 Fender Stratocaster Aerodyne Ovation guitar FlyingV Mockingbird YAMAHA_SG1000 RX100 Gibson Finepix_S1 PowerShot_SX50 EF-S24mm/F2.8 7D D-LUX4 K-5 DA18-270mm PowerShot_G1X GXR A16 PowerShot_G16 FZ1000 MX-1 XF18mmF2 XF27mmF2.8 XF35mmF1.4 TCL-X100 X100 WCL-X100 08WideZoom Q7 XF27mm/F2.8 M.Zuiko9-18mm LUMIX_GX45-175mm GH2 LF1 XZ-1 K-3 DA★16-50mmF2.8 LUMIX_G14mm/F2.5 LUMIX_G14-42mmEZ LUMIX_G6 LUMIX_G12-35mm/F2.8 DA★16-50mm BCL-1580 E-PM1 BCL-0980 DCR-732 DP1_Merrill DW-6 DP2_Merrill 5D_markII KenkoACクローズアップレンズNo.5 AML-2 Ulyssesボディスーツ XF1 PowerShot_G12 F990EXR RX10 X-E1 PNETAX_Q7 P10 Volkswagen_R36 EF28mm/F1.8 EF40mm/F2.8STM LUMIX_GX12-35mm/F2.8 GX1 GRDigital_III K-5IIs X20 X10 E-PL5 M.Zuiko45mm/F1.8 M.Zuiko17mm/F2.8 E-PL2 M.Zuiko_12-50mm LX7 XF18-55mm XF55-200mm PowerShot_SX50HS DA★16-50mm/F2.8 Mount_A12 SAMYANG_Fisheye8mm/F2.8 X-S1 Canon_5DII GXR_A16 Sigma35mm/F1.4DG PowerShot_S110 LUMIX_G_20mmF1.7 LUMIX_G_14-140mm LUMIX_GH2 V-LUX4 DMW-LT55 PowerShot_S95 Coolpix_P310 V-LUX1 PENTAX_Q 06-TelephotoZoom LUMIX_DG14-140mm ボディキャップレンズ 水族館 PENTAX_X-5 LUMIX_LX5 花火 DA55-300mm M.Zuiko14-42mm EF24-105mm/F4 S10 HX30V LEICA

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ