X10 / X20

撮像素子が一新され、ローパスレスで解像度の上がった X20。旧型の X10 と比較してどの程度画質が向上したのか検証してみたい。Pモード、AUTO ISO、AUTO DR の設定で撮り比べ。

【全体画像:上 X10 / 下 X20
ほとんど両者の差は分からない。X20 の方がWBと露出が安定している印象。
x10全体
x20全体

【中央部等倍切り出し:上 X10 / 下 X20
何となく見ているだけでは気づかないが、細部のエッジ描写を見ると明らかに違いがある。 X20 は等倍で見ても細部までキレキレのシャープさ。決して X10 が悪いわけではない。X20 が優秀すぎるのだ。
x10部分
x20部分

tag : X10 X20

FUJIFILM X10 / X-S1 を撮り比べてみた

撮影は快適そのものだった。見やすいEVFと可動式液晶のおかげで一眼ライクに使ってもコンデジ的に使っても便利。アイセンサーによるEVF切り替えも適切なタイミング。他の人のブログにあるように切り替わりが敏感すぎるとか鈍感すぎるということはない。同様に他人のブログで指摘されていた、ピントが合っていないのにシャッターが落ちる、合っているのにシャッターが切れないといった不具合もまったく生じない。

フジのカメラは操作系が独特で使いにくいという評判をよく見かけるが、HS10/20EXRで慣れてしまった自分には何ら違和感がない。それどころか俊敏なレスポンスで高速連写もバンバンいけてしまうので、はるかに快適になったと感じる。


X10】それぞれワイ端 28mm・テレ端 112mm の描写
DSCF1177-1.jpg

DSCF1178-2.jpg

DSCF1180-3.jpg

DSCF1181-4.jpg

DSCF1183-6.jpg

DSCF1189-7.jpg


X-S1】とりあえず X10 と同じ構図で比較した。
ワイ端 24mm 下の 24mm と比べるとかなりワイドに撮れる。風景撮りではこの画角の存在はありがたい。
DSCF0128-1.jpg

ズーム中間域 28mm (X10のワイ端と同じ画角)
DSCF0129-2.jpg

ズーム中間域 200mm 程度
DSCF0130-3.jpg

テレ端 624mm
DSCF0131-4.jpg

ワイ端
DSCF0144-7.jpg

テレ端
DSCF0135-6.jpg

ワイ端 ややハイキーだが、手前の日陰部分に露出が引っ張られた。フルオートの限界だ。
DSCF0149-10.jpg

テレ端 100m以上離れた位置から女の子の顔が判別出来てしまう。
DSCF0153-12.jpg

テレ端 窓拭き作業の装備品が識別出来る。
S0040165-14.jpg


ヘリが飛んできたので咄嗟に高速連写で撮影。大阪府警のヘリのようだ。回転しているプロペラが真っ直ぐに写っているので、メカシャッターであることが分かる。電子シャッターだとコンニャク現象でプロペラが曲がってしまうところだ。

AF 設定は AF-C でカメラに追いかけさせた。ファインダー内ではぼやけていてもシャッター半押しですぐにピントがくる。 AF-S よりも AF-C を使って、アイドリング時にカメラにプリAFで追いかけさせておくのが、このカメラで超望遠撮影するときのコツなのかもしれない。ちなみに今回の撮影は全て AF-C を使っている。電池は消耗するが速写性が高いので便利だ。いわゆる動体追従 AF ではなくプリ AF であることが分かっていれば、応用範囲は広いと思う。

電池寿命を優先させるならば AF-S か MF が良いだろう。ちなみにフジのカメラは HS10/20 もそうだったのだが、MF に設定していても AF-L スイッチをワンプッシュ親指 AF として使用することが出来る。しかもこのスイッチ、親指で押しやすい位置にあるので使いやすい。一眼と全く同じ操作性に出来る。慣れたらこの親指 AF + MF の方が使いやすいかも知れない。
S0010157-13.jpg

DSCF0147-9.jpg

あとは適当にスナップ。なかなか高画質だ。
DSCF0182-26.jpg

DSCF0181-25.jpg

ワイ端
DSCF0184-27.jpg

テレ端 塗装の剥がれ具合も確認出来る。絞り開放の最望遠でも、フレアやモヤモヤしたところのない、すっきりした解像をみせる。
DSCF0186-28.jpg

色乗りはフジならではのもの。メリハリのある描写。紫の再現性も良い。
DSCF0188-29.jpg

DSCF0190-30.jpg

DSCF0198-36.jpg


逆光でも描写が破綻しない。EXRのDレンジ拡張が良い仕事をしている。わざと太陽を角に入れて、フレアとゴーストの出具合を確認してみた。ゴーストは許容範囲内。フレアはなし。ひところ騒がれていた中央部の円状フレアはどの写真にも出ていないので、内面反射の問題はメーカー側で対策済みなのかも知れない。
DSCF0192-32.jpg

tag : X-S1 X10

FUJIFILM X 3兄弟(?)コンプリート

結果的に揃ってしまったコンデジ FUJI X シリーズ。一眼の方は別マウントがあるので X-pro は買わないが。
まずは試写に出かけて X10 との比較をやってみたい。同じ素子ながら写りは違うのか、同じなのか。
IMG_0874b.jpg

IMG_0875.jpg

X100 にはマッチ・テクニカル・サービス社製の「サムズアップ」を装着。保持性がぐんとアップする。
IMG_0876.jpg

X10 の方はレンズメイト社製「サムレスト」を。サムズアップより保持部分が長いのだが、X10を持つときはこちらの方がバランスが良いし、値段も少し安め。メタルフードは JJC 社製互換品。純正の半額以下で購入できるし、品質も大変良い。 JJC は「優良品質」がキャッチフレーズの台湾のベンチャー企業のようだが、企画・デザインを主に女性社員が担当しているそうで、品質やサービスは折り紙付きらしい。事実、他にも JJC 製品を使っているが、どれも安くて良い品物だ。
IMG_0877.jpg

tag : X-S1 X100 X10

京都水族館(by FUJIFILM X10)

京都に住んでいながら、今まで行けずにいた京都水族館。Fujifilm Finepix X10 を携えて見物に行ってきた。
DSCF0236-1.jpg

隣の広場でヨサコイ踊りの練習をやっていた。暑いのに頑張るねぇ・・・
DSCF0237-2.jpg

DSCF0241-3.jpg

明るいレンズと手ぶれ補正のおかげで、泳いでいる魚も難なく撮れる。
DSCF0255-5.jpg

DSCF0264-6.jpg

アザラシは動きが速すぎて追えないので、比較的のんびりしている個体を探して撮影。
DSCF0268-7.jpg


DSCF0290-9.jpg

DSCF0306-11.jpg

人間の親子と・・・
DSCF0316-13.jpg

ペンギンの親と・・・
DSCF0318-15.jpg

子。
DSCF0324-16.jpg

DSCF0342-18.jpg


DSCF0344-19.jpg

DSCF0359-22.jpg

DSCF0379-26.jpg

DSCF0376-25.jpg

DSCF0394-28.jpg


イルカのプールで撮影。ショーの合間の時間でもイルカを見ることができる。イルカも自由に泳いでいるので意外にシャッターチャンスが多い。やんちゃなイルカがわざと水飛沫を飛ばして人にかけて遊んでいる。自分もすこし飛沫をかぶったが、咄嗟にカメラをかばってセーフ。ショーでは数頭の連携ジャンプが何度も見られた。

X10 の高速連写が意外にいける。AFもメモリー書き込みも、他のコンデジみたいに待たされることがないので、ストレスフリーでどんどん撮れる。ほとんど一眼と同じテンポの良さ。撮っていて気持ちが良い。
DSCF0400-30.jpg

S0030414-31.jpg

S0161063-60.jpg

S0171074-61.jpg

S0201092-65.jpg

S0250490-35.jpg

S0370566-39.jpg


S0440605-41.jpg

S0440611-42.jpg

S0480634-43.jpg

S0810802-53.jpg

S0840805-54.jpg

S0930817-55.jpg


S0970833-56.jpg

S0041011-57.jpg

S0211099-66.jpg


S0491140-69.jpg

S0521143-70.jpg

tag : X10 水族館

プロフィール

Vision42

Author:Vision42
写真中心のブログです。

リンク
最新記事
タグクラウドとサーチ

X10
E-M5 祇園祭 Fiio_E12 JC-01B PHA-1A iPod_Touch PHA-3 MDR-1A ハイレゾ FLAC mora NW-A25 NW-ZX100 MDR-NW750N P300 5DmarkII Sigma35mmF1.4 Optio S1 PENTAX Amazonビデオ Kindle EOS5DmarkII EF16-35mmF4L M.Zuiko12-50mmEZ GX7 LeicaDG15mmF1.7 DMW-GWC1 LumixG14mmF2.5 LumixG20mmF1.7 LeicaDG25mmF1.4 EF400mmF5.6L X-A1 XC16-50mm RolanPro LensCoat 1DmkIV EF100-400mmL DA★60-250F4 HDDA_Rear_Converter1.4X HDDA_RearConverter1.4X FAF_Adapter1.7X EF500mmF4L EOS_1DmkIV EF-M18-55mm EF-S55-250mm EOS_M EOS_M3 ME-25 エフェクターボード EF-S55-250mmSTM D-LUX Typ109 Fender Stratocaster Aerodyne Ovation guitar FlyingV Mockingbird YAMAHA_SG1000 RX100 Gibson Finepix_S1 PowerShot_SX50 EF-S24mm/F2.8 7D D-LUX4 K-5 DA18-270mm PowerShot_G1X GXR A16 PowerShot_G16 FZ1000 MX-1 XF18mmF2 XF27mmF2.8 XF35mmF1.4 TCL-X100 X100 WCL-X100 08WideZoom Q7 XF27mm/F2.8 M.Zuiko9-18mm LUMIX_GX45-175mm GH2 LF1 XZ-1 K-3 DA★16-50mmF2.8 LUMIX_G14mm/F2.5 LUMIX_G14-42mmEZ LUMIX_G6 LUMIX_G12-35mm/F2.8 DA★16-50mm BCL-1580 E-PM1 BCL-0980 DCR-732 DP1_Merrill DW-6 DP2_Merrill 5D_markII KenkoACクローズアップレンズNo.5 AML-2 Ulyssesボディスーツ XF1 PowerShot_G12 F990EXR RX10 X-E1 PNETAX_Q7 P10 Volkswagen_R36 EF28mm/F1.8 EF40mm/F2.8STM LUMIX_GX12-35mm/F2.8 GX1 GRDigital_III K-5IIs X20 X10 E-PL5 M.Zuiko45mm/F1.8 M.Zuiko17mm/F2.8 E-PL2 M.Zuiko_12-50mm LX7 XF18-55mm XF55-200mm PowerShot_SX50HS DA★16-50mm/F2.8 Mount_A12 SAMYANG_Fisheye8mm/F2.8 X-S1 Canon_5DII GXR_A16 Sigma35mm/F1.4DG PowerShot_S110 LUMIX_G_20mmF1.7 LUMIX_G_14-140mm LUMIX_GH2 V-LUX4 DMW-LT55 PowerShot_S95 Coolpix_P310 V-LUX1 PENTAX_Q 06-TelephotoZoom LUMIX_DG14-140mm ボディキャップレンズ 水族館 PENTAX_X-5 LUMIX_LX5 花火 DA55-300mm M.Zuiko14-42mm EF24-105mm/F4 S10 HX30V LEICA

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ