スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Topping NX3 / NX1

Topping て、パスタの上に乗せるやつ? いやいや違います。中国のポータブルオーディオメーカーの名前です。「最上の」とか「上を目指す」みたいな意味合いらしい。以前買った FiiO は「飛翔」の英語読みだそうだ。イケイケ、ドンドンのイメージ。最近の中国企業はとにかく凄い。工業製品の品質がたいへん良くなってきているし、高性能なのに低価格。今や量販店に行っても Astel&Kern, COWON, FiiO など中韓メーカーのオーディオ機器が普通に置かれていて、実際よく売れるらしい。というか自分も買ってるしね。売れる理由はCPの高さ。信頼性については今のところ不明だが、自分が使っている分には全く問題はない。

前置きが長くなったが、何が書きたいかというと Topping NX3 と NX1 という安価なポタアンを購入したということ。そして値段を考えると驚くほど性能が良いということ。
41skdzIKC5L.jpg 41rF+OsibaL.jpg41m4i3uyeaL.jpg
大きさは NX3 の方が iPod Classic くらい、NX1 はさらにコンパクトでクレジットカードサイズに近い。両機ともゲイン切替(H/L)スイッチは付いているが、バスブーストスイッチは NX1 では省略されている。その代わり NX1 にはボリュームノブと独立したパワースイッチがあるので、ボリュームを固定しておけばいつでも好みの音量でスタート出来る。(NX3はパワースイッチがボリュームノブと兼用)。音質はどちらもたいへん素直でクリア。バスブーストを必要としないならば、安い NX1 でも充分満足できるだろう。値段は NX3 が9千円前後、NX1 は4千円前後。筐体はアルミパーツでたいへん高品位かつ頑丈。内蔵バッテリーもかなり長時間駆動できる。今まで使い切ったことがないので満充電で何時間駆動できるのか分からないくらい。Amazon で購入した NX1 だが、届いたのは後継機の NX1A だった。筐体と内部基盤は共通だがバッテリー容量が1.5倍、充電端子が microUSB に変更されている。新型にチェンジしていたのはちょっと嬉しいサプライズだった。
IMG_0817.jpg IMG_0815.jpg

FiiO E12と同じくアナログ接続に特化したため価格を低く設定出来たのだと思うが、オペアンプやコンデンサなどの電子部品は相当クオリティの高いものを使用しており、音質もたいへん良いので、デジタル接続ができないのはもはや短所とはいえない。あえて短所をあげるとしたらパッケージかな。パッケージ自体に問題はないのだが、管理状態が悪くパッケージが凹んでいる、底が抜けているというのは毎度のこと。もう慣れてしまったがその辺の管理だけを何とかしてくれたらもっと人気も出るのに、と思う。
スポンサーサイト

FiiO X5 2nd gen 購入

 
Walkman , iPod をポタアンと組み合わせることで普段の音楽鑑賞には満足しているが、FiiO のアンプを使いだしてからこのメーカーに興味が湧いてきた。最近の中国メーカーは音響製品の躍進が著しい。内部の部品はSONY等の日本メーカーと同じものを使いながら、製品価格は半額以下のものが多い。「安かろう悪かろう」はもはや過去の話。きちんと選べば安くて良いものが沢山ある。

 FiiO 製品はポタアンの E12, E12A, A1 をすでに使っており、品質と性能の良さは実感しているので、今度はネットでの評判が大変良いDAC内蔵プレーヤー X5 2nd gen を購入した。DSDネイティヴ再生対応がウリだが、当面DSDを聴く予定はない。主にFLAC中心に聴くつもりだ。それなら SONY ZX100 でも充分楽しめるのだが、ヨドバシで X5 2nd の実機を試聴して完全に魅了されてしまった。イコライザーオフで聴いてこれほどクリアでパンチがあると思わなかったのだ。イコライザーはバンド数が多いのでかなり凝った音作りも出来るが、この機種はイコライザーを使わず、アンプやイヤホンの組合せで音質を調整する方がプレーヤーの実力を発揮しやすいと直観した。 

購入はネット最安値の Audio One から。このショップは以前利用してたいへん対応が迅速丁寧で好感をもっている。X5 2nd は正規代理店経由の店頭販売品だと5~6万円するが、Audio One の並行輸入品は 4万円を切る安さだ。もちろんまがい物ではなくキチンとした未開封新品だ。
 FiiO のプレーヤーは内蔵メモリーをもたず外付けmicro SDに曲データを入れて聴くようになっている。操作性は iPod Classic のようにホイールとボタンで直観的にコントロール出来るので、操作に迷うことはあまりない。 音質はとにかくクリアでパワフル。ネットでは音が硬いという意見もあるが自分はそうは思わない。ポータブルプレーヤーの音質は使用するイヤホンに相当左右されるからだ。自分の印象は全音域にわたって粒立ちの良いストレートなサウンドなので、高域のキレの良さが「硬い」印象につながるのかもしれない。SONY製品のような低域強調の味付けに慣れてしまうとX5の低域が物足りなく感じるかもしれないが、X5の低域は基本的に芯のある締まった音なので、あとからいくらでも味付けは可能だ。 

今のところ X5 2nd + E12A + Elecom CH3000 の組み合わせで、X5のイコライザーオフ、E12Aのバスブーストオンで聴くのが一番気に入っている。MJのXcapeなんか聴くと大迫力でドコドコ鳴ってくれる。曲データのインポートはMedia Goから転送しているが、普通に転送ボタンをクリックするとFLACファイルが勝手にmp3に変換されて転送されてしまう。これを避けるためには転送元のファイルやアルバムを右クリックしたままFiiO X5にD&Dすれば良い。多少面倒だがMedia GoはSONY用のソフトなので致し方ない。

あとはMedia Goで作成したプレイリストをX5に転送できれば文句ないのだが、残念ながらそれは出来ないようだ。地味にX5本体でリスト作成するしかない。

ELECOM のハイレゾ対応イヤホン EHP-CH3000 の音質


前のブログでも書いたが、普通のアンバランス接続に限れば、手持ちのイヤホン・ヘッドホンの中で最も高音質なのがエレコムの CH3000 という不思議なことになっている。これまでのベストは SONY XBA-A2 と MDR-1A が双璧だったのだが、イヤホン比較なら A2と CH3000 は性能的に互角と感じる。ただし CH3000 は極端にドンシャリ傾向が強いのでクラシックやジャズでは味付け過剰と感じるだろう。CH3000 はロックや EDM ではかなり迫力のサウンドを聴かせてくれるが、生楽器中心の演奏なら A2 の方がバランス良く聴かせると思う。オールマイティな A2 と元気いっぱいの CH3000 をうまく使い分けると良いと思う。それと CH3000 付属のイヤーピースは中心が赤色で硬めのゴム、周囲が黒の柔らかいシリコンというハイブリッド型で音質も良いのだが、どういうわけかサイズが微妙に合わない。Sだと小さすぎるしMだとわずかに大きくて装着がズレてしまいせっかくの高音質がスポイルされてしまう。これはJVCのスパイラルドットイヤーピースMに交換することであっさり解決した。今まで色んなイヤホンを使ってMのイヤーピースが合わなかった試しがないので、これは改善してほしい。というかMとSの間のサイズが欲しい。

ELECOM 音響製品の侮れない実力

 
楽天やヨドバシのポイントが色々たまっていたので、以前から興味のあったBluetooth ヘッドセット LBT-PAR500AV を購入してみた。ELECOM 製品にあまり良いイメージはないのだが、ネットでの評判がすこぶる良く、オーディオ専用ハイパワーアンプ内蔵、aptX, AAC コーデック対応ということで性能的に妥協のない製品だしロングセラー商品で値段も安くなっているので試してみようというわけだ。
使ってみた印象は「素晴らしい」の一言。ワイヤレスと思えないほど音質が精彩でパワーも充分。ひょっとすると有線接続より良いかもしれない。ワイヤレス版ポタアンとして充分使える印象だ。iPod とも Walkman とも音質優先のコーデックで無線接続でき、通信も安定している。理論上は100m先まで電波が飛ぶらしいが、実際は木造住宅の二階にiPodを置いたまま一階でワイヤレス受信して聴いていると時々通信が途切れる。カタログスペックはあてにならない。 まぁ日常でそんな使い方をする場面はないので、鞄にDAPを入れたままワイヤレスヘッドセットで聴く限りは何の不便もない。一回ペアリング登録すれば電源オンですぐにiPodにつながる。

エレコム製品でもう一つ気になっていたのがハイレゾ対応イヤホン。これもネットで評価が高くじわじわと定着してきているらしい。CH1000 / CH2000 が良いらしいのでヨドバシに試聴しに行ってきた。最新機の CH3000 も置いてあったので比較試聴したらこちらの方が抜群に良かったので購入した。とにかく再生帯域が広く全域でパワフル。とくに低音の押し出しは相当なものだ。高域もキラキラした感じで金管楽器が綺麗に響く。こいつはアンバランス接続で比較したら SONY XBA-A2 と良い勝負かもしれない。しかも値段は3分の1だ。このメカニカルなデザインが嫌いでなければA2の代わりに CH3000 を買っても後悔はしないだろう。

とにかく最近の ELECOM はなかなかのものだ。ZERO AUDIO みたいに口コミでファンがじわじわ増えてくるだろう。

SONY PHA-1A がエージングで音質向上したので驚いた話

 
今まではどちらかというと iPod Touch のショボい音質を補完するために使っていたポタアン SONY PHA-1A だが、Walkman A シリーズとの組み合わせでは(Walkman の音質がもともと良いので)それ以上音が良くならない印象だった。なので専ら iPod 専用アンプみたいに使っていたのだが、最近になって気まぐれで Walkman A25 に繋ぎ替えて聴いてみたら何だかやたらと音が良いのだ。同じ曲の同じフレーズで、A25 直差し(イコライザーなど各種音質設定をした状態)と PHA-1A とのデジタル接続の音(Walkman 側の音質設定が無効化されたノーマル状態)を何度も聴き比べたが、やはり明らかに PHA-1A 経由の方が音場とDレンジが広く、低音のパンチ力が増し、高音の立ち上がりが鋭くなっているので単なる思い込みではなさそうだ。 

考えてみたら PHA-1A は購入後断続的に使用してだいたい50時間ほど経過しているので、初期のエージングが終了したと考えて良いだろう。エージング前はアナログ接続の FiiO E12 にすら負けている気がして購入は失敗かと思っていたが、今になってデジタルアンプとしての真価を発揮しだしたようだ。ネットで PHA-1A のレビューを見ると、人によって評価が全く異なるのはエージングの有無による違いかもしれない。デジタルアンプなのにエージングで音が変わるなんて、アナログチックで面白い。まぁデジタル処理していても、実際に耳に届く情報はアナログ信号なんだから当たり前か。これからも少しずつ変化していくのだろうが、それがちょっぴり楽しみだ。そういえば PHA-3 の方も随分良く鳴るようになってきたので、次のエントリーでエージング後の PHA-3 をレビューしてみようかと思う。
プロフィール

Vision42

Author:Vision42
写真中心のブログです。

リンク
最新記事
タグクラウドとサーチ

> tags
E-M5 祇園祭 Fiio_E12 JC-01B PHA-1A iPod_Touch PHA-3 MDR-1A ハイレゾ FLAC mora NW-A25 NW-ZX100 MDR-NW750N P300 5DmarkII Sigma35mmF1.4 Optio S1 PENTAX Amazonビデオ Kindle EOS5DmarkII EF16-35mmF4L M.Zuiko12-50mmEZ GX7 LeicaDG15mmF1.7 DMW-GWC1 LumixG14mmF2.5 LumixG20mmF1.7 LeicaDG25mmF1.4 EF400mmF5.6L X-A1 XC16-50mm RolanPro LensCoat 1DmkIV EF100-400mmL DA★60-250F4 HDDA_Rear_Converter1.4X HDDA_RearConverter1.4X FAF_Adapter1.7X EF500mmF4L EOS_1DmkIV EF-M18-55mm EF-S55-250mm EOS_M EOS_M3 ME-25 エフェクターボード EF-S55-250mmSTM D-LUX Typ109 Fender Stratocaster Aerodyne Ovation guitar FlyingV Mockingbird YAMAHA_SG1000 RX100 Gibson Finepix_S1 PowerShot_SX50 EF-S24mm/F2.8 7D D-LUX4 K-5 DA18-270mm PowerShot_G1X GXR A16 PowerShot_G16 FZ1000 MX-1 XF18mmF2 XF27mmF2.8 XF35mmF1.4 TCL-X100 X100 WCL-X100 08WideZoom Q7 XF27mm/F2.8 M.Zuiko9-18mm LUMIX_GX45-175mm GH2 LF1 XZ-1 K-3 DA★16-50mmF2.8 LUMIX_G14mm/F2.5 LUMIX_G14-42mmEZ LUMIX_G6 LUMIX_G12-35mm/F2.8 DA★16-50mm BCL-1580 E-PM1 BCL-0980 DCR-732 DP1_Merrill DW-6 DP2_Merrill 5D_markII KenkoACクローズアップレンズNo.5 AML-2 Ulyssesボディスーツ XF1 PowerShot_G12 F990EXR RX10 X-E1 PNETAX_Q7 P10 Volkswagen_R36 EF28mm/F1.8 EF40mm/F2.8STM LUMIX_GX12-35mm/F2.8 GX1 GRDigital_III K-5IIs X20 X10 E-PL5 M.Zuiko45mm/F1.8 M.Zuiko17mm/F2.8 E-PL2 M.Zuiko_12-50mm LX7 XF18-55mm XF55-200mm PowerShot_SX50HS DA★16-50mm/F2.8 Mount_A12 SAMYANG_Fisheye8mm/F2.8 X-S1 Canon_5DII GXR_A16 Sigma35mm/F1.4DG PowerShot_S110 LUMIX_G_20mmF1.7 LUMIX_G_14-140mm LUMIX_GH2 V-LUX4 DMW-LT55 PowerShot_S95 Coolpix_P310 V-LUX1 PENTAX_Q 06-TelephotoZoom LUMIX_DG14-140mm ボディキャップレンズ 水族館 PENTAX_X-5 LUMIX_LX5 花火 DA55-300mm M.Zuiko14-42mm EF24-105mm/F4 S10 HX30V LEICA

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。