スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DP2 Merrill の超・高画質に驚く

写真はすべてRAW撮影、Sigma Photo Pro (SPP) で現像。かなり癖あり、バグあり、動作重い、時々落ちるという大変な現像ソフトだが、現時点でこれ以外の選択肢はないので仕方ない。とんでもなく動作が重いが、我慢して使っていると、そこから出てくる画像の美しさにびっくり。撮影自体はたいへん根気が必要だが、撮影結果は最高。安くて良い買い物をしたものだ。

全体リサイズ
aSDIM0072-3.jpg

等倍クロップ  普通の写真に見えるけど、等倍切り出しですぜ。葉っぱや人物の細部が全くつぶれていない。凄すぎです。
aSDIM0072-1.jpg


aSDIM0091-5.jpg
aSDIM0075-4.jpg
aSDIM0062-2.jpg
aSDIM0040-1.jpg


全体リサイズ
aSDIM0111-9.jpg

等倍クロップ1  男性の帽子、女性の髪、松葉の描写を見る限り、解像度はフルサイズの Canon 5D markII を超えている。
aSDIM0111-1-2.jpg

等倍クロップ2  女性の髪の質感、背後にいる男性が付けているイヤホンの線まで解像している。こりゃすげー。
aSDIM0111-1.jpg


aSDIM0130-10.jpg
aSDIM0132-11.jpg
aSDIM0096-6.jpg
aSDIM0106-8.jpg
aSDIM0135-12.jpg
スポンサーサイト

tag : DP2_Merrill

ULYSSES 製 SIGMA DP1/2/3 Merrill 用ボディスーツ

DPx Merrill シリーズ用の Ulysses 製改良型ボディスーツを注文した。新色のネイビーブルーをチョイスしたのだが、これがなかなか良い感じの風合いだ。使い込んで行くにつれてエイジングで黒に近づいていくらしい。
DSC00441.jpg

正面には大型グリップが配置され、ハンドリング性が向上した。
DSC00440.jpg

スナップボタンの下に隠れるモード切替スイッチは、スナップボタンそのものを押すことで問題なく作動する。
DSC00442.jpg

背面上部の革に隠れるスイッチも◎型に型押しされた革の上から押すことで操作できる。
DSC00444.jpg

バッテリー消耗の激しい DP Merrill シリーズのために、今回初めて採用された底部スナップカバー。ボディスーツを外すことなくバッテリーを交換することが可能だ。
DSC00446.jpg

ますます男前になった DP2 Merrill を持ち出して、京都の紅葉でも撮ってみるかな・・・
DSC00447.jpg

tag : DP2_Merrill Ulyssesボディスーツ

SIGMA DP2 Merrill カスタマイズ

手持ちの機材を流用して DP2M を使いやすくしてみた。外部ファインダーは PENTAX Q 用の 47mm ファインダーを流用。角形フードはこれも PENTAX 一眼レンズ用。フィルター溝に挟み込んで留める方式だが、DP2M の鏡胴はプラの厚みが邪魔をして直接は付けられない。49mm プロテクトフィルターを付けた上で装着したら難なく付けられた。撮影時のケラレはなし。比較的大柄なフードなので遮光性は良いと思う。デザイン的には純正よりもイケてる。
DSC00431s.jpg

フードの逆付けも可能。しかも純正のキャップをはめることもできる。トレビアン!
DSC00434s.jpg
DSC00435s.jpg

豪勢なフード収納ケースが付属している。内側の空間を利用して予備バッテリーを収納してみたら、これまたぴったり。
DSC00436s.jpg
DSC00437s.jpg

あとは ULYSSES さんに注文済みのこれが届くのを待つばかり。
04261349_517a07693484d.jpg

tag : DP2_Merrill

SIGMA DP2 Merrill 購入

例によってキタムラの10%オフセール通知が来たので、新しいカメラを買った。当初は Sony RX10 を予約していたのだが、キャンセルして代わりに SIGMA DP2 Merrill を購入した。理由は色々あるが RX10 を買ってもたぶん使い道がないというのが最大の理由だ。

RX10は確かに素晴らしいカメラなのだが、同じソニーの1インチセンサー搭載でレンズが F1.8 でさらに明るい RX100 をすでに持っているので、広角〜中望遠まではこのカメラで間に合う。新しいRX10はF2.8通しでさらに望遠がきくのだが、コンデジとは言い難い大きなサイズのカメラを持ち出すくらいら、一眼+大口径レンズを持ち出す方が合理的だし画質もさらに良い。解像力でいえば PENTAX K-5IIs + DA★16-50mmF2.8 の方が桁外れに良いのだし。

それであえて SIGMA DP を選んだのは、その超弩級の解像力を期待したからである。使い勝手の大変悪いカメラであるらしいことはネットで情報収集済みであるが、画質はフルサイズを凌ぐものがある。4600万画素の APS-C サイズ Foveon センサー搭載、45mm/F2.8 相当のレンズである。値段も発売当初の半額にまでこなれ、今ならバッテリー2個がキャンペーンで付いてくる。ミナピタ10%オフとポイント還元で、5万円を切る値段で購入できた。
DSC00427-1.jpg

大食らいのカメラなので電池のもちが異様に悪いらしい。それで最初から予備も含め2つの電池が同梱されている。今月末までのキャンペーン商品ではさらに2つオマケで付いているので、合計4つの電池が手に入る。
DSC00428-2.jpg

電池と充電器は GRDIII / IV と共用できるので、複数の電池を並行で充電することが出来る。
DSC00429-3.jpg

背面はシンプルすぎるほどあっさりした操作系だが、インターフェースがよく練られており、使い勝手は良い。
DSC00430-4.jpg


JPEG のみで遠景試写。
SDIM0002s00.jpg

以下、等倍クロップ。JPEG にもかかわらず、噂に違わず凄い解像度だ。
SDIM0002x.jpg

車のナンバーや子供の表情まで視認できてしまうので部分カットした。
SDIM0002sss00.jpg

周辺部でも解像感は失われず、バリッとシャープ。
SDIM0002ss.jpg


JPEG のみ、近景。
SDIM0012s.jpg

中央部等倍クロップ。これは手持ちの 5D mkII と良い勝負だな。
SDIM0012x.jpg


SIGMA Photo Pro 5.5 による RAW → JPEG 現像。
SDIM0007cs.jpg

中央部等倍クロップ。茎の細かな毛まで視認できる。
SDIM0007cx.jpg


ISO1600, JPEG のみ。ノイズが目立つので JPEG では ISO400 くらいが感度の上限だ。ISO800 以上になるとノイズが極端に多く、カラーバランスも崩れてしまう。
SDIM0017j.jpg

ISO1600, RAW 現像。RAW で綺麗に処理したら見違えるほどすっきりした。これなら ISO1600 までは何とか使えそうだ。高感度撮影は RAW 必須だ。
SDIM0017r.jpg

tag : DP2_Merrill

Fujifilm XF1 に Sony RX100 用フィルターアダプターを付けた

XF1で半逆光時にフレアが目立つのが気になったので、むりやりフードを付けられないかとあれこれ物色し、Sony RX100 用のフィルターアダプター経由で汎用フードを付けることを思いついた。

20131112-写真 (2)

ベースリングを装着するとレンズ鏡胴の FUJINON LENS 云々の刻印がきれいに隠れてしまう。中途半端に見えるよりは全部隠れてしまった方が都合が良い。このベースリングの厚み分だけでも若干の遮光効果があるかもしれない。

20131112-写真 (1)

本来はフィルターを付けるためのアダプターだが、RX100 用に使っている汎用の広角メタルフード49φを付けてみた。結果、劇的にというほどではないが若干フレアは改善した。見た目もちょっとレンジファインダー風になって面白い。鏡胴を縮めるとリングを回しにくくなるので、普段は鏡胴をロック位置にまで回さず沈胴させている。撮影時はフードを持って引っ張り出せば良い。完全収納するときはアダプターごと外してしまえばノーマル状態になるので、その状態で鏡胴をロックすれば良い。

20131112-写真 (4)

tag : XF1

PowerShot G12 現役活躍中 〜東京編

先日の東京出張の折、Fujifilm F900EXR と一緒に持参したのが PowerShot G12 だ。旅の友として何かと役だってくれるカメラだ。G12はAuto ISO上限を800にしている。室内の写真はISO400〜800の範囲内で撮っている。ISO500以上になるとノイズが若干目立ってくるが、Lightroomで除去すればすっきりする。

以下、G12による作例。F900EXRで撮った写真と比べてもらいたい。
IMG_1376-14.jpg
IMG_1374-13.jpg
IMG_1382-16.jpg
IMG_1388-18.jpg
IMG_1389-19.jpg
IMG_1399-24.jpg

IMG_1402-25.jpg
IMG_1406-27.jpg
IMG_1408-28.jpg
IMG_1415-29.jpg
IMG_1421-30.jpg

Diver City のガンダム。F900EXRほど望遠は効かないが、描写の精密さはG12の方が上だ。
IMG_1432-32.jpg
IMG_1433-33.jpg
IMG_1440-34.jpg
IMG_1441-35.jpg
IMG_1443-36.jpg

お台場周辺。
IMG_1462-37.jpg
IMG_1468-38.jpg
IMG_1470-39.jpg
IMG_1474-40.jpg
IMG_1475-41.jpg
IMG_1476-42.jpg
IMG_1478-43.jpg
IMG_1484-44.jpg

新橋〜東京駅
IMG_1485-45.jpg
IMG_1486-46.jpg
IMG_1487-47.jpg
IMG_1488-48.jpg
IMG_1489-49.jpg
IMG_1490-50.jpg

東京駅 丸の内駅舎
IMG_1494-51.jpg
IMG_1495-52.jpg
IMG_1501-54.jpg
IMG_1506-56.jpg
IMG_1509-57.jpg

PowerShot G12 現役活躍中 〜京都・大阪編

Canon PowerShot G シリーズは最新型の G16 にチェンジしているが、手許にある G12 もなかなかの描写を見せるので、手放さずに温存している。Gシリーズ最後のCCD機という希少性もあるので今後も手放すつもりはない。G16はそのうち買い増しする予定だ。

IMG_1329-1.jpg
IMG_1331-2.jpg
IMG_1332-3.jpg
IMG_1334-4.jpg
IMG_1339-5.jpg
IMG_1349-6.jpg

マクロが強力だしAWBも優秀。レンズは解像力が優れている。F値は現行機に比べると暗いが、ワイ端でF2.8あるのでそれなりに使える。高感度描写では、ISO400を超えるとノイズが増えてくるが、Lightroom 4 のノイズフィルターで処理すればかなり見栄えが良くなる。デジタル写真は現像環境とセットで考えるべきだと思っているので、カメラで処理しきれない部分は現像ソフトで調整すればOKだ。

IMG_1352-7.jpg
IMG_1356-8.jpg
IMG_1358-9.jpg
IMG_1365-10.jpg
IMG_1367-11.jpg
IMG_1368-12.jpg

G10, 11, 12 と買い替え続けてきたがこのG12は一番気に入っている。ミニチュアライズやトイカメラなどのフィルターも一通り揃っているので、それなりに遊べるカメラだ。次にG16を買い増ししたときは、G16を高感度専用機、G12を低感度用にして使い分けたい。

tag : PowerShot_G12

Test

Sample
スマートフォンから送信

プロフィール

Vision42

Author:Vision42
写真中心のブログです。

リンク
最新記事
タグクラウドとサーチ

> tags
E-M5 祇園祭 Fiio_E12 JC-01B PHA-1A iPod_Touch PHA-3 MDR-1A ハイレゾ FLAC mora NW-A25 NW-ZX100 MDR-NW750N P300 5DmarkII Sigma35mmF1.4 Optio S1 PENTAX Amazonビデオ Kindle EOS5DmarkII EF16-35mmF4L M.Zuiko12-50mmEZ GX7 LeicaDG15mmF1.7 DMW-GWC1 LumixG14mmF2.5 LumixG20mmF1.7 LeicaDG25mmF1.4 EF400mmF5.6L X-A1 XC16-50mm RolanPro LensCoat 1DmkIV EF100-400mmL DA★60-250F4 HDDA_Rear_Converter1.4X HDDA_RearConverter1.4X FAF_Adapter1.7X EF500mmF4L EOS_1DmkIV EF-M18-55mm EF-S55-250mm EOS_M EOS_M3 ME-25 エフェクターボード EF-S55-250mmSTM D-LUX Typ109 Fender Stratocaster Aerodyne Ovation guitar FlyingV Mockingbird YAMAHA_SG1000 RX100 Gibson Finepix_S1 PowerShot_SX50 EF-S24mm/F2.8 7D D-LUX4 K-5 DA18-270mm PowerShot_G1X GXR A16 PowerShot_G16 FZ1000 MX-1 XF18mmF2 XF27mmF2.8 XF35mmF1.4 TCL-X100 X100 WCL-X100 08WideZoom Q7 XF27mm/F2.8 M.Zuiko9-18mm LUMIX_GX45-175mm GH2 LF1 XZ-1 K-3 DA★16-50mmF2.8 LUMIX_G14mm/F2.5 LUMIX_G14-42mmEZ LUMIX_G6 LUMIX_G12-35mm/F2.8 DA★16-50mm BCL-1580 E-PM1 BCL-0980 DCR-732 DP1_Merrill DW-6 DP2_Merrill 5D_markII KenkoACクローズアップレンズNo.5 AML-2 Ulyssesボディスーツ XF1 PowerShot_G12 F990EXR RX10 X-E1 PNETAX_Q7 P10 Volkswagen_R36 EF28mm/F1.8 EF40mm/F2.8STM LUMIX_GX12-35mm/F2.8 GX1 GRDigital_III K-5IIs X20 X10 E-PL5 M.Zuiko45mm/F1.8 M.Zuiko17mm/F2.8 E-PL2 M.Zuiko_12-50mm LX7 XF18-55mm XF55-200mm PowerShot_SX50HS DA★16-50mm/F2.8 Mount_A12 SAMYANG_Fisheye8mm/F2.8 X-S1 Canon_5DII GXR_A16 Sigma35mm/F1.4DG PowerShot_S110 LUMIX_G_20mmF1.7 LUMIX_G_14-140mm LUMIX_GH2 V-LUX4 DMW-LT55 PowerShot_S95 Coolpix_P310 V-LUX1 PENTAX_Q 06-TelephotoZoom LUMIX_DG14-140mm ボディキャップレンズ 水族館 PENTAX_X-5 LUMIX_LX5 花火 DA55-300mm M.Zuiko14-42mm EF24-105mm/F4 S10 HX30V LEICA

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。