スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW R36 デイタイムランニングランプ装着完了

工程が面倒だったが、実際にやってみると案ずるより産むが易しで、当初思っていたほど難しくなかったデイタイムランニングランプ装着。でも途中でサイドダクトのフレームが一部割れていることに気付いてちょっと凹んだ。高速走行でかなり風圧を受ける部分ではあるので風圧や振動の蓄積で一番端の細いフレームが材質疲労で破断したのだろう。まぁフレームはビスとプラパーツ同士の嵌合でしっかり固定されているので一箇所割れたくらいでは何ら支障なく、放置していても問題ないのだが、そのままだと気分的に落ち着かないので瞬間接着剤と自作補強パーツで簡易補修をやった。おかげで午前中のかなり時間をとられてしまった。なのでランプ装着とは全然関係のない作業で朝から汗だくになってしまった。(;´Д`)

懸案のランプ配線の取り回しだが、パーツ補修作業の後は、思いのほか着々と進んだので気分的には楽な作業だった。ほとんど隙間のないエンジンルームだが、手探り状態で隙間を見つけて安全な場所に配線を取り回して固定した。
IMG_0993.jpg

余った配線は切断せず、コルゲートチューブを被せてループ状にして固定した。
IMG_0994.jpg

エンジンルーム内のヒューズボックス、蓋を開けたところ。2つある10A(赤)電源取り出しヒューズの上側の方がランプのメイン電源、下側が照度コントロールのための配線。両方接続するとランプ本体の抵抗がオンになって照度が下がり(1.7w/130cd)、車検対応の国内仕様となる。下側のヒューズをソケットから抜くと抵抗はバイパスされるのでランプ本来のパワー(7.5w/600cd)が発揮されて欧州仕様となるが、車検非対応となるので注意が必要だ。普段はヒューズを外して欧州仕様で使い、車検に出すときだけヒューズを接続して国内仕様に戻すというズルも出来たりするのだが、対向車や歩行者を眩惑させないためにも国内仕様で使い続けるつもりだ。本来は自車以外の存在も含めた、安全のための装備だからね。自己満足で爆光をギラつかせるのは、他人にとって甚だ迷惑な話である。
IMG_0995.jpg

ブラケットにランプユニットを固定した。ランプユニットの両端がダクトフィンより僅かにはみ出してしまうが、取り付けてしまうとそんなに気にするほどでもないような気がする。極端に飛び出ていなければ安全面でもOKだし、ボディ全長が変わるわけでもないのでもちろん車検も通る(はずだと思う)。レンズユニット表面には傷防止も兼ねたスモークフィルムを貼りこんである。高速走行ではかなりの確率で小さな飛び石のヒットを受ける位置にあるので、ランプのレンズ欠けには最大限注意する必要があるのだ。また、消灯状態ではランプユニットの存在感が消える方が良いので、スモークフィルムは正解だった。
IMG_0996.jpgIMG_0997.jpg

試験点灯。正面からでは直視できないほど眩しいが、装着位置が低いので対向車や歩行者の迷惑にはならないだろう。微調整と目視を何度も行ない、照射角度にもかなりこだわった。自車の存在をアピールしつつ、他人の迷惑にならない絶妙な角度にした。
IMG_1002.jpg 

消灯状態
IMG_0129.jpg

点灯状態
IMG_0130.jpg

ショッピングモールの薄暗い駐車場に入れてみた。
IMG_0128.jpg IMG_0126.jpg

角度によってはヘッドライト並の明るさを感じる。次はポジション球のLED化をと考えていたが、こうやって見るとアンバー色の電球も悪くないなぁ。LEDにして全部真っ白にするとかえって味気ない気もするので、クラシックな雰囲気の黄色いポジション球は交換せず現状維持でいこうか。
IMG_0127.jpg
LEDを装着して使ってみてはじめて分かったのだが、電源を取ったヒューズソケットがディレイタイマーと連動しているようで、エンジンを切った後も30〜40秒間点灯してから自動消灯する。ルームランプの残照機能と同じタイミングで消灯するので、同じディレイタイマーからの分岐であることが分かった。暗い場所に駐車して車を離れるとき、しばしの間足許を明るく照らしてくれるのだ。偶然の産物ではあるが、なかなか洒落ていて気に入った。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Vision42

Author:Vision42
写真中心のブログです。

リンク
最新記事
タグクラウドとサーチ

> tags
E-M5 祇園祭 Fiio_E12 JC-01B PHA-1A iPod_Touch PHA-3 MDR-1A ハイレゾ FLAC mora NW-A25 NW-ZX100 MDR-NW750N P300 5DmarkII Sigma35mmF1.4 Optio S1 PENTAX Amazonビデオ Kindle EOS5DmarkII EF16-35mmF4L M.Zuiko12-50mmEZ GX7 LeicaDG15mmF1.7 DMW-GWC1 LumixG14mmF2.5 LumixG20mmF1.7 LeicaDG25mmF1.4 EF400mmF5.6L X-A1 XC16-50mm RolanPro LensCoat 1DmkIV EF100-400mmL DA★60-250F4 HDDA_Rear_Converter1.4X HDDA_RearConverter1.4X FAF_Adapter1.7X EF500mmF4L EOS_1DmkIV EF-M18-55mm EF-S55-250mm EOS_M EOS_M3 ME-25 エフェクターボード EF-S55-250mmSTM D-LUX Typ109 Fender Stratocaster Aerodyne Ovation guitar FlyingV Mockingbird YAMAHA_SG1000 RX100 Gibson Finepix_S1 PowerShot_SX50 EF-S24mm/F2.8 7D D-LUX4 K-5 DA18-270mm PowerShot_G1X GXR A16 PowerShot_G16 FZ1000 MX-1 XF18mmF2 XF27mmF2.8 XF35mmF1.4 TCL-X100 X100 WCL-X100 08WideZoom Q7 XF27mm/F2.8 M.Zuiko9-18mm LUMIX_GX45-175mm GH2 LF1 XZ-1 K-3 DA★16-50mmF2.8 LUMIX_G14mm/F2.5 LUMIX_G14-42mmEZ LUMIX_G6 LUMIX_G12-35mm/F2.8 DA★16-50mm BCL-1580 E-PM1 BCL-0980 DCR-732 DP1_Merrill DW-6 DP2_Merrill 5D_markII KenkoACクローズアップレンズNo.5 AML-2 Ulyssesボディスーツ XF1 PowerShot_G12 F990EXR RX10 X-E1 PNETAX_Q7 P10 Volkswagen_R36 EF28mm/F1.8 EF40mm/F2.8STM LUMIX_GX12-35mm/F2.8 GX1 GRDigital_III K-5IIs X20 X10 E-PL5 M.Zuiko45mm/F1.8 M.Zuiko17mm/F2.8 E-PL2 M.Zuiko_12-50mm LX7 XF18-55mm XF55-200mm PowerShot_SX50HS DA★16-50mm/F2.8 Mount_A12 SAMYANG_Fisheye8mm/F2.8 X-S1 Canon_5DII GXR_A16 Sigma35mm/F1.4DG PowerShot_S110 LUMIX_G_20mmF1.7 LUMIX_G_14-140mm LUMIX_GH2 V-LUX4 DMW-LT55 PowerShot_S95 Coolpix_P310 V-LUX1 PENTAX_Q 06-TelephotoZoom LUMIX_DG14-140mm ボディキャップレンズ 水族館 PENTAX_X-5 LUMIX_LX5 花火 DA55-300mm M.Zuiko14-42mm EF24-105mm/F4 S10 HX30V LEICA

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。